広告

【母子手帳】母子健康手帳のもらい方

2019年7月7日

広告

母子健康手帳をもらうために必要なもの

母子健康手帳をもらうにはまず始めに、”出産予定日”が判明する必要があります。

検診で医師が赤ちゃんの心拍を確認し、出産予定日が確定すると母子健康手帳をもらう手続きができるようになります。出産予定日が判明すると同時に「妊娠届出書」を医師から受け取ることができます。

医師や医療スタッフから「母子健康手帳をもらって来て下さい」と言われるので、もらってくるように指示されましたら母子健康手帳をもらいに行きましょう。

役所や保健センターなどに妊娠届出書を提出する

ご自身が住んでいる市区町村の役所または保健センターなどの窓口に行き、「妊娠届出書」を提出します。

妊娠届出書の提出先は自治体によって異なり、手続きに必要なものも異なります。どんなものが必要なのか、手続き先の役所または保健センターに事前に電話連絡かウェブサイトで確認しましょう。

交付日が決められていることも・・

自治体によっては、母子健康手帳の交付日が決められている場合があります。手続きに必要なものの確認と共に、交付日が決められているのかどうかも確認しましょう。

自分で受け取りにいけないときはどうするの?

母子健康手帳は妊娠9週、10週から妊娠届書を産婦人科で受け取り、交付手続きを行うことができるようになりますが、この頃はつわり症状などがピークを迎えていることもあるため、妊婦さんの中には立ち上がることも辛いかたもいらっしゃいます。

このように体調が悪くてご自身で母子健康手帳を受け取ることが難しい場合は、夫や母親などが代わりに交付手続きを行うことができます。

母子健康手帳を受け取り後、後日妊婦さん本人から必要な情報を提供してもらうために、直接会えるか連絡がある場合もあります。

双子の場合は母子健康手帳はどうなるの?

母子健康手帳は赤ちゃん1人に対して1冊発行されます。双子の場合は2冊、母子健康手帳が発行されることになります。

赤ちゃん1人1人それぞれの情報記入していきます。母子健康手帳発効後に双子であることがわかりましたら、追加して母子健康手帳を発行してもらうことができるので、双子であることがわかりましたら役所または保健センターに手続きを行いに行きましょう。

引っ越しすると母子健康手帳はどうなるの?

自治体によって母子健康手帳は異なりますが、交付手続き後に引っ越しをしても転居前の母子健康手帳をそのまま使うことができます。

注意が必要なのが、妊婦検診で使用する「妊婦健康診査受診票」は使えなくなる場合があるので、未使用の受診票がある場合は転居先の役所または保健センターの窓口に持参し、交換してもらう手続きを行いましょう。

母子手健康手帳と一緒にもらえるもの

母子健康手帳の交付の手続き後、母子健康手帳と共に「妊婦健康診査受診票」をもらうことができます。この受診票は今後妊婦検診を受ける際に必ず必要となることがあるため、母子健康手帳と一緒に所持しておきましょう。

この他に、赤ちゃんの予防接種の補助券や妊娠・出産・育児に役立つ冊子やパンプレット、両親学級や母親学級の開催日の案内やお父さん向けの冊子などが渡されることがあります。

受け取りの際に面談を行うこともある

役所や保健センターで母子健康手帳を受け取るときに、保健師や助産師などから面談を受けることがあります。

面談の内容は難しいものではなく、妊娠経過や妊娠がわかってからのご自身の気持ち、周囲に相談できる人や育児に協力してくれる人がいるのかなどを聞かれます。

もちろん、妊娠中の心配なことや地域での支援のことに関して質問をすることもできます。

何か不明なことや妊娠、出産、育児に関して心配なことがありましたら、遠慮せず質問してみましょう。

広告