広告

【妊娠】妊娠すると体はどう変化するの?

2019年7月7日

広告

妊娠初期(4週~15週)

個人差はありますが妊娠4週目を迎えるとつわりが始まります。

つわりの症状もさまざまあり、吐き気・嘔吐してしまうつわりや空腹になると吐き気が出る食べづわり、睡眠は十分にとれているにも関わらずものすごい眠気に襲われる寝づわりなどがあります。

つわりが始まり、乳房も張ってきます。

妊娠8週目を迎えるとつわりの症状はピークになります。つわり症状が酷い方は水分さえ飲めなくなり脱水症状になることもあります。その場合は産婦人科で点滴を必要があるので、自己判断せず水分を摂取することができていない場合は産婦人科へ行きましょう。

つわりの症状が重い人の中には食事も摂ることができず入院することもあります。つわりの症状の重さは人それぞれなので、食事の用意や自宅の掃除など普段できていたことができなくなってしまうことがあります。

妊娠期間中は不安を抱えて過ごす毎日を送ること方も多くいらっしゃいます。ご家庭のみなさまは思いやりの気持ちを忘れずに、家事の分担割合を増やし不安を和らげるために話し相手になり、優しい一言をかけてあげましょう。

つわりが軽くなるのは12週目頃から

辛いつわり症状は必ず軽くなります。

つわりが軽くなる時期は妊娠12週目頃から少しずつ和らいでいきます。つわり症状は軽くなっていきますが、妊娠期間中は気分が落ち込みやすくなっているので、何か相談したいことがあるときはパートナーや家族の方、保健センターなどに相談しましょう。

妊娠中期(16週~27週)

妊娠16週頃になると、下腹部が少し目立ってくるようになります。下腹部が目立つとともに体重が増え始めます。早い人では胎動を感じるようになりますが、妊娠20週頃に胎動を自覚する人が多いようです。

また妊娠20週を過ぎると安定期に入るため、軽い運動や旅行を楽しむことができるようになります。

妊娠24週になると貧血やむくみの症状が出やすくなります。無理に体を動かすことはせず、安静を保つようにしましょう。妊娠高血圧症候群や肥満にも気を付けなければいけません。安定期に入っても食生活に気を付け、体調が良いときには軽い運動を行い自身の体調に気を配りましょう。

妊娠後期(28週~41週)

妊娠28週目頃になると”妊娠線”が現れます。人によっては赤く切れてしまっているような痛みが伴うことがあります。保湿クリームなどで皮膚の保湿をするようにしましょう。あまりに辛い場合は産婦人科で相談し、無理に我慢せず的確なアドバイスをしてもらうようにしましょう。

妊娠32週になると胃が圧迫されるような感覚が現れます。1回の食事の量も多く食べることができないので、小まめに食事を摂るようにしましょう。

妊娠後期ではありますが出産まで規則正しい生活に心がけ、夜更かしのお腹の赤ちゃんのためにも良くありません。しっかり睡眠をとるように心がけましょう。

またパートナーはお産の補助動作や呼吸法を2人で練習や入院に必要な物品や赤ちゃん用品など、新た生命の誕生のために準備のお手伝いをしましょう。

広告