広告

【胎動】いつからどのような動きをするの?

広告

胎動を感じる時期はいつなの?

胎動とは、子宮内で赤ちゃんが動くことです。初めて胎動を感じる時期には個人差があり、一般的には妊娠18~20週頃といわれています。

胎動を感じる始める時期が早い方、遅い方とのお腹の赤ちゃんの成長、出産に影響があるのかと心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、胎動の感じ方は個人差が大きいので深く心配する必要はありません。

お腹の赤ちゃんの小さな胎動をママさんが感じるかどうかは、妊娠経験やママさん自身の体系が関係しているとされています。

胎動を早く感じる方ですと妊娠16週頃から、胎動を感じるのが遅くても妊娠24週頃には、はっきりと胎動を感じることができるようになります。

お腹の赤ちゃんは、妊娠8週目頃からすでに動き始めている

胎動を感じ始める妊娠18~20週頃よりも何週間も前から、お腹の赤ちゃんは子宮内で動き始めています。

ママさんの中には、妊娠9週目頃の妊婦検診のエコーで小さな赤ちゃんが、”ピクッ”と動く瞬間を見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

妊娠8週目頃から赤ちゃん脳や筋肉、神経などが発達するため、赤ちゃん自ら動かし始めます。

しかし、この頃の赤ちゃんはまだ手足がとても小さいため、たくさん動いても子宮壁に当たることがないので、ママさんは胎動感じることはありません。

初産婦さんは胎動だと気付きづらい

初めて妊娠するママさんは、胎動経験がないため実際にお腹の赤ちゃんが動いたとしても、「腸が動いている」と勘違いしてしまい、胎動だとわからないことが多いそうです。

家事や仕事など体を動かしている時間は、胎動を感じにくいこともあるので、横になっているときや座っているときが胎動を感じやすいです。

胎動を感じる位置はどこ?

胎動を感じる位置は、お腹の赤ちゃんの姿勢によって変わってきます。

お腹の赤ちゃんが正常な胎位であれば、胎動を感じる位置はおへその少し上あたり、またはおへその周辺で感じる方が多いです。赤ちゃんが同じ姿勢で長い時間いると、同じ場所で何度も胎動を感じることもあります。

お腹の赤ちゃんが逆子の場合は、頭の位置が上下逆になるため手足を動かしたときのぶつかる位置が、お腹の下側になりやすいです。

妊娠時期によって胎動の感じ方は変わるの?

お腹の赤ちゃんは成長していくと共に、体の動かし方も変化することをご存知でしょうか?

胎動を感じ始める妊娠18~20週頃では、「胎動なの?腸の動き?」など胎動だと認識することが難しいですが、妊娠週数が進むにつれてお腹が強く押されるように感じる方や、お腹の赤ちゃんに蹴られることで痛みを感じる方もいらっしゃいます。

妊娠16週~19週の頃

この頃の妊娠週数から胎動を感じ始める方もいらっしゃいますが、まだ胎動を全く感じられないママさんとさまざまです。

胎動をはっきり感じることができなくても、お腹の赤ちゃんはママさんのお腹の方を向いたり、背中の方へ向いたりと自由に動き回っています。

胎動の感じ方のイメージとしては、横になっているときや座っているときに、おへそまたは下腹部辺りが“ゴニョ”っと回転しているような感覚に近いです。

一瞬の出来事なので、「今のって何の動き?胎動?」とはっきり認識するのは難しいかと思います。

妊娠20週~23週の頃

妊婦さんの多くはこの時期に胎動を感じるようになります。

お腹の赤ちゃんはこの頃には聴覚が発達しているので、ママさんの声や心音も聞こえるようになっており、外の大きな物音に反応して動くこともあります。

この頃の妊娠周期からお腹の赤ちゃんに音楽を聞かせたり、歌を歌うことで胎動がより大きくなった体験をしているママさんもいらっしゃいます。

積極的に赤ちゃんに話しかけるなどコミュニケーションを取り始めるママさんが多くなる時期でもあります。

妊娠24週~35週の頃

この時期になるとお腹の赤ちゃんの筋肉が発達していくため、体を伸縮させる動きが見られるようになります。

体を伸縮させることによって、子宮に手足が当たることが増えていくので、胎動をよく感じるようになっていきます。

胎動の感じ方は、グッとお腹の中が力強く押されるようになるので、ママさんの中には胎動が気になって夜眠れなくなる方もいらっしゃいます。

また、この時期からお腹の赤ちゃんは手足を動かす胎動だけではなく、しゃっくりをすることもあります。一定間隔に「ピクッ」と胎動を感じる時はお腹の赤ちゃんはしゃっくりしているかもしれません。

お腹の赤ちゃんとキックゲーム

胎動を強く感じることができるこの時期では、「キックゲーム」と呼ばれるお腹の赤ちゃんとコミュニケーションを取る遊びがあります。

ママさんがお腹の上を軽く“ポン、ポン”と叩くと、叩いた位置に赤ちゃんが蹴り返してくれることがあります。

お腹の赤ちゃんとのコミュニケーションを取る手段の一つとして、キックゲームでマタニティライフの楽しみとしているママさんもいらっしゃいます。

妊娠36週目以降

この時期になると出産が近づいてきます。お腹の赤ちゃんは生まれるために頭を下に向けて、骨盤に頭を固定させるので、これまで感じられた胎動の頻度が減ることや、胎動の強さが弱くなったりしていきます。

胎動が1日中全くなくなるといったことはなく、陣痛中でも胎動を感じる方と個人差が出てきます。

出産が近づき胎動の頻度は減りますが、安静にしているときに2時間以上胎動を感じることができない場合は、お腹の赤ちゃんに何らかの異変が起きている可能性があるので、すみやかにかかりつけの産婦人科へ連絡をしましょう。

胎動の感じ方は個人差が大きい

胎動を感じ始める妊娠16~19週頃になっても、まだ胎動を感じることができないと焦るママさんもいらっしますが、ほとんどの方は妊娠24週目にははっきり胎動を感じることができるようになります。

胎動をいつから感じることができるのかは個人差がとても大きいので、妊婦検診で医師から経過が順調と判断されているのであれば、それほど心配する必要はないといえるでしょう。

妊娠24週を過ぎても胎動が感じられない場合は、産婦人科に一度連絡してみましょう。

広告