子育て・暮らし、北海道に関する情報をお届けします!

【保育園】保育園を探すためには何をしたらいいの?

早めにリサーチをする

都市部などの待機児童が多い地域にお住まいの場合は、可能であれば妊娠期間中から役所などで「入園のしおり」などの資料をもらい、情報収集をしておきましょう。

住んでいる地域によっては1歳児クラスの入園が難しく、0歳児の4月から入園した方が入りやすいこともありますが、早めに育休を切り上げなくてはいけません。

ご自身の仕事復帰時期に関わることなので、保育園のリサーチは早めに行った方がいいでしょう。

目星がついたら見学を・・

早めに保育園のリサーチを行い、いくつが目星をつけることができましたら、その保育園の行事を行っているときに見学に行ってみると園長先生の人柄、通わせている保護者の雰囲気、保育士の接し方や子どもたちの様子を見ることができます。

保育園に申し込むまでの手順

では保育園に申し込むをするまでに、どのような準備が必要なのかご紹介します。

①役所へ行き保育園の資料をもらう

ご自身がお住いの地域の役所へ行き、”保育園入園の担当窓口”で認可保育園の案内冊子や必要書類などをもらいます。役所のホームページからも必要書類ダウンロードすることができる場合もありますが、窓口で直接担当者とその場で相談することができます。

認可外保育園の情報はインターネットで調べる

認可外の保育園の情報は役所からは入手することができない場合が多いです。認可外の保育園を探している人はインターネットから情報収集しましょう。

認可外の保育園のホームページの中には、宣伝費を多く使用し検索結果で目立つ位置に表示されるようにしている保育園もあります。検索結果の上位に表示が出ているからといって、質が良い保育園とは限らないので注意が必要です。

②通園できる保育園を絞り込む

保育園の資料や情報が集まりましたら、通園可能な保育園をリストアップします。

生後何か月後から受け入れ可能なのか、預かってもらえる保育時間が自身の勤務時間に合っているかなどの条件を詳しく確認しましょう。

保育園を絞り込むときの注意事項

保育園を絞り込むうえで注意するのは、通園するための交通手段や開園時間です。

通園するために自宅から最寄り駅の周辺だけではなく、バスや自転車での通園ができるのかの通園手段を考えると、保育園の視野を広げることができます。例えば自転車の場合は、雨の日の通園はどうしたのかも考える必要があります。

開園時間は通常の保育時間の情報だけではなく、延長保育の時間が何時から始まり何時までなのかも調べる必要があります。ご自身の就労時間と通期時間を合わせて考えて検討するようにしましょう。

③保育園の見学の予約をする

保育園の候補が決まりましたら、保育園の見学を予約しましょう。保育園の見学は園の方から日時が指定されるので、ご自身の都合のいい日に予約しましょう。

保育園の見学の際は、どんな雰囲気なのかどんな個性がある保育園なのか必ずメモをとるようにしましょう。

④保育園へ申し込みをする

認可保育園の場合は4月の入園については、前年の10月~11月頃から受付が始まります。この受付期間はお住いの自治体によって異なるので確認するようにしましょう。

年度途中の入園を希望する場合は、入園希望日の前月までに自治体の窓口に申し込みをしましょう。

認可外の保育園へ申し込みをする場合は、直接施設に申し込みをします。先着順の入園を決める保育園もあれば、それぞれの施設で選考を行う保育園もあります。

認可保育園の選考には“指数”がつけられる

認可保育園の入園申し込みが定員を上回ると、自治体が入園選考を行います。

入園選考は優先順位を客観的に判定するために、“指数”という点数をつけられます。自治体によって指数の決め方は異なります。自治体でもらえる冊子に指数の計算方法が記載されているので、ご自身で指数の計算を行うことができます。

保育園を決めるときはパパと一緒に検討を

保育園にこどもを預けると、ときに子どもの体調不良で預かってもらえないこともあり、送った後に体調を崩して迎えに行かなければいけないこともあります。

保育園への送迎はとても重要事項でもあるため、ママだけの視野で通園しやすい状況なのか判断せず、パパにとっても通園しやすい位置に保育園があるのかもしっかり検討するようにしましょう。