広告

【Google AdSense】一発合格することができた道のり

2019年7月2日

「自分のサイトを開設しよう」と動き出し、何をする必要があるのかも全く無知識だった私に、夫がいろいろ教えてくれた中に”Googleアドセンスへ合格すること”も教えてくれました。

サイトを立ち上げることに関して知識ゼロの状態の私が審査を通るのが難しいと言われている、Googleアドセンスに合格なんてできるのだろうかと思っていました。

しかし、“一発合格”することができました。

今回は審査が厳しいGoogleアドセンスに、一発合格することができたサイト開設超初心者が実行した内容をご紹介します。

広告

Googleアドセンスって何か?

Google AdSense(グーグルアドセンス)は、クリックされることで報酬が発生するアフィリエイトのことです。ユーザーの興味があることや趣味に合わせて広告が表示されるので、よりクリックされやすい状態を作ってくれます。

クリックされるだけで広告報酬が発生し確定するので、購入や契約されないと報酬が発生しない他の企業のアフィリエイトと違って、より成果が出やすいのが大きな特徴となっています。

1クリックの報酬は何円~何十円が平均となっており、自身のサイトのPV数が多ければ多いほど広告のクリック率も上がるので、月に10~20万円稼いでいるライターさんもいらっしゃいます。

どんなジャンルのサイトにも広告を自動で表示してくれるので、例え商品を紹介する内容のサイトではなくても、そのサイトにあった広告が表示されます。

デメリットもあります

デメリットの1つはGoogleアドセンス提携するための審査が厳しいことです。何度も審査を落ちてしまう方はとても多いです。また審査結果が出るまでも数日かかりますし、中には2週間以上待った方もいらっしゃいます。

デメリットの2つ目は報酬が発生しても受け取り可能金額は8,000円以上にならないと受け取れません。サイトを立ち上げてもすぐにPV数は稼げないので、8,000円の壁はかなり高いです。

デメリットの3つ目はアドセンス広告の商品を購入されてしまうことで、成果報酬が他のアフィリエイトよりも減ってしまうことがあります。購入されることで報酬が発生する他のサイトは、アドセンスの1クリック数十円よりも報酬額は高いことが多いです。

ですので、売りたい商品を紹介記事を作成されている場合は無理にGoogleアドセンスを貼るのではなく、他に提携しているアフィリエイトの広告を貼る方が報酬が発生した時のメリットは大きくなります。

デメリットの4つ目はGoogleアドセンスの広告は、サイトの表示を重くすることがあります。サイトの表示が重いと読者は記事を読まずに離脱してしまうので、1ページにつき3~4個の広告までで読者が記事を読むのに妨げにならない位置に張り付けることがおすすめです。

Google AdSenseに申請するとき、気を付けたこと

今回の本題に入ります。

サイトを立ち上げるためにサーバー契約からドメイン作成、ワードプレスと同期させ開くまで、1日かかりました。

途中サーバーとドメインの同期に時間がかかることもありましたが、何日もかからずにワードプレスの初期画面「hello,World」の画面を開くことができました。

ちなみにですが、契約したサーバーは「エックスサーバー」、ドメイン作成は「お名前.com」で作成しています。

ワードプレスが開けるようになったところで、いよいよGoogleアドセンスに申請するための作業が始まりました。

①記事は10記事用意

Googleアドセンスに合格した方の中には、「2記事で合格した」「20記事以上書いた」という方もいらっしゃいます。

アドセンスに合格するためのポイントを紹介しているサイトによっては、「20記事でも足りない」と発信している方もいらっしゃいます。

ですが今回私はGoogleアドセンスに申請するために、とりあえず10記事作成してから申請し、合格することができました。

申請中もチェックしているかもしれないと思い、申請中の間も更新を途絶えないように記事を作成しては公開するようにしていました。

②読者の役に立てるような内容の記事を作成

アドセンス申請するために用意した記事は、サイトに訪れてくれた読者に少しでも役に立つことができるような内容を作成しましたが、「まとめサイトはオリジナリティに欠けるのでアドセンスに合格するのは難しい」と言う方もいらっしゃいます。

サイトに訪れる方は自身が知りたい情報のキーワードを検索し、それに対して有益な答えを求めて訪れます。その答えになるようなサイトを作りを意識して作成しました。

私が立ち上げたサイトは“まとめサイト”に近いと思いますが、無事に合格しています。

③記事内やアイキャッチ画像は挿入しない

見た目は悪くなってしまいますが申請するために用意した記事、申請中に作成した記事に画像は挿入しませんでした。

申請する際に画像を挿入しても合格した方もいるかもしれませんが 、画像を挿入していたことによって審査に影響することを心配したので、画像は合格した後から挿入しました。

ちなみに現在使用している画像は「無料写真素材 写真AC」というサイトを利用させていただいています。

④サイトらしい外観にカスタマイズ

ワードプレスの初期の外観はとてもシンプルで、サイトとしては見やすくはないかと思います。

私が立ち上げたサイトは女性を中心とした情報サイトなので、女性らしさが出ているサイトを作りたいと思いました。

ワードプレス内のプラグインでも、サイトのテーマ(外観)をカスタマイズすることができますが、英語表記のプラグインが多くて使いづらかったので、外部サイトから探すことにしました。

サイト作り初心者の私でも使いやすかったテーマが「ルクセリタス」でした。

ただテーマをダウンロードしてワードプレスに設定するだけではなく、“人気記事一覧”や“新着記事一覧”、“カテゴリー”などの細かい部分の見た目も設定しました。

カスタマイズに大苦戦

サイトを立ち上げ、記事を作成するまでは順調でしたが、サイトの見た目をカスタマイズするためには、CSSに追加のコードを入力していきます。このコードの入力方法がわからなくて大苦戦しました。

ルクセリタスのテーマを使用する際、「ルクセリタス」「ルクセリタス子テーマ」の2つをダウンロードする必要がありました。私はこれを知らず「ルクセリタス」のみでサイトを作っていました。

※ 「ルクセリタス」だけでは、設定をしても反映されなかったり、初期状態に戻ったりと不具合が起こります。

子テーマをダウンロードしテーマの有効化することで、「子テーマの編集」の「Style.css」からサイト内の細かな設定をするコードを追加することができ、サイトの外観を変えることができるようになります。

この「子テーマ」の存在に気付くまでかなり時間がかかってしまい、合計時間1日以上画面と睨み合っていました。

⑤他のアフィリエイト広告リンクを表示させない

Googleアドセンスの申請前、申請中に他のアフィリエイト広告を張り付けると合格が難しいという情報を耳にしたので、私はGoogleアドセンスの審査結果出るまで、他のアフィリエイトと提携することも控えました。

そこまでGoogleアドセンスは見ていないとは思いますが、他のアフィリエイトに提携したのはGoogleアドセンスに合格してからにしました。

ですので、申請前と申請中のサイトは広告が張られていない状態にしました。

まとめ

私がアドセンスに申請するときに準備した内容をまとめますと・・

  • 記事は10記事用意し、申請中も更新する
  • 読者の答えになるような記事を作成するように意識する
  • 画像、アイキャッチ画像は一切挿入しない
  • サイトの外観をカスタマイズする
  • Google AdSense以外のアフィリエイト広告を貼らない

この5つのこと行って、今年の5月31日に申請し5日後の6月5日に合格通知が届きました。

Googleアドセンスに合格するためにさまざまサイトで情報を集めている方は多いかと思います。しかし、私のやり方を含めてどんな方法がアドセンスに確実に合格するのかは明確になっていません。

「20、30記事以上必要だ」「まとめサイトも合格が難しい」「画像は挿入した方がいい」など、私が実践した内容と真逆の情報もあります。

ですが、20記事以上作成したとしても内容がGoogleにとっても読者にとっても有益な内容でなければ、審査を通るのは厳しいかもしれません。

どれが正解かはわかりませんが、プログラミングもサイトの仕組みすらわかっていなかった私は、上記の5つのことを実行して合格することができましたのでご紹介しました。

広告